[Kindleセール情報]森博嗣の作家の収支 (幻冬舎新書) が半額の468円に。

投稿者: | 2016年2月23日

森博嗣といえば、「すべてがFになる (講談社文庫)で有名になった人で、僕も大好きで、ほとんどのシリーズを読んでいます。
すべてがFになるですが、封印再度もおすすめ(サブタイトルが、Who insideってちょっとお洒落)

さて、森博嗣さんのリアルな収入を書いているのが、こちら作家の収支で、

内容紹介
1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

 紹介文より

そんな本が、Kindleで半額の468円で販売されていましたので、早速読んでみました。

レビューも具体的な金額が書いてあるところが評価されている様子です。

森さんは、5年前、「小説家という職業」を著し、小説家志望の人がどうすれば小説家になれるかについて読者の質問に答えています。今回は、読者のもう一つの関心「どのくらい儲かるのか」という質問に答えるため、
 森さん自身がパソコンで文字を打つことによって稼いだ金額を、具体的に提示しています。

私も、森博嗣がミリオンセラーになっていないことや、思った以上に稼いでいる金額にびっくりしました。
中身は、例えば、コカ・コーラからのオファーが@@@円だったとか、原稿料は@円だったとか、印税がいくらとか、スポンサーとの秘密契約とか大丈夫なのかな?というくらい赤裸々にかたっています。

この人の率直な、書き方好きなんですよね。他に類をみないというか、ものすごく淡々としていて、書いているのが読みやすいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA