簡単メーリングリスト作成。G Suite (旧Google Apps)でお名前.comの独自ドメインで設定する。

投稿者: | 2016年10月7日

G Suite (旧 Google Apps)を導入しました。
人数5名~10名くらいのプロダクトになると、そろそろ外部共有でグループメールなんかも必要を感じてきて、探しました。
今回は、登録方法だけ。

イメージとしては、こんな感じのことがしたいなと
#メーリングリスト作成(案)
160914%e3%80%80googleapps-0

条件としては、

①外部からのメールアドレスもちゃんと、受信者に分かるようにしたい。
(例:a@hoge.com ⇒info@sample.comからの受信となる為、Aさんには、a@hoge.com で受信できるように)
②メーリングリストのアドレスから送信したい。
(例:info@sample.com から送信できる)
③独自ドメインで運用したい。
(今回は、お名前.comで取得しました)

上記の条件が、意外とできないところも多くて、無料で使えるやつとかは、結構当てはまらないものが多かった。

そこで、サービスを調べた結果、Google suiteにすることにしました。(正直、サイボウズと悩んだ、次機会があればサイボウズ使いたい)

決めた理由は、
Google suite は、24時間対応でコールセンターが稼働してます。
悩んでいる時間が23時頃だったので、これなら今から導入してもなんとか対応できるんじゃね?ということで、早速登録。

@登録線維画面

まずG Suiteでアカウント登録をします。

G Suiteメーリングリスト作成

登録が終わると、以下のような管理コンソールになるので、グループを選択。(初期画面では、グループは、画面下の「その他の設定」で隠れています)

160924-grou0

作成したメーリングリストは、グループ内に表示される。新規作成ボタンは、右下の「+」をクリック。

160924-grou0-1

アカウントを選び、アクセス設定を選びます。

160924-grou%ef%bc%91%ef%bc%92

権限の中の基本的な権限を選択し、投稿を「一般公開」に変更
*ここを変更しないと、外部からのアドレス受付できません。

160924-grou%ef%bc%91%ef%bc%93

メーリングリストのアドレスで送信できるようにする

管理コンソールに戻り、右上の歯車アイコンから、メールアイコンをクリックします。

160924-grou2-0

メールアドレスの追加を選択します。すでに登録済みのものは、ここで表示されます。

160924-grou2-1

160924-grou2-31

160924-grou2-4

送られてきたアドレスを承認すればOK。再度アカウントを選択して、登録したメーリングリストが登録されていればOKです。

IMAPを有効にする

IMAPの設定を「有効」にします。IMAPが???な人は以下参照。

POPにするか? IMAPにするか?~メールの利用スタイルを大きく変える選択ポイント

IMAPでは、メールはサーバ上に保管され、閲覧などの必要性がある場合だけ取り出すようになっています。メールサーバ上に複数のフォルダを作りメールを管理することができ、メールの検索などの機能もサーバ側で行うことができます。

ざっくり言うと、IMAPを設定しないと、グループメールで最初に取った人しか、メールを受信することができません。
*メーリングリストの共有ができない。
これだと、グループメールの意味がないので、共有設定にするということでIMAPを有効にします。

160924-mail2

ここまでで、Gsuite側の設定は終わりです。

メールソフトの設定方法

Thunderbirdなどのメールソフトを使っている人は、
IMAP を使用して他のメール クライアントで Gmail のメールを読むを参考に

上記に加えて、アプリのセキュリティ申請も必要です。

【手順】
①管理コンソールからセキュリティを選択
161007mail0

②基本設定⇒安全性の低いアプリの設定
161007mail01

③安全性の低いアプリへのアクセス有効化を全てのユーザーに適用するを選択
161007mail009882

お名前.comでG suite設定をする

次にお名前.com側の設定方法をします。

DNSを設定します。

まず、ドメイン設定タブより、DNS設定関連をクリック
Gsuiteで使いたいドメインを選択し、DNSレコード設定をクリックします。

160924-heteml-onamae-googoleapps100001

G Suite の MX レコードの値
ここは、以下の値を入れておけばOKです。

名前、ホスト、エイリアス TTL(Time to Live)* レコードタイプ 優先度高 値 / 応答 / 参照先
空白または @ 3600 MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM.
空白または @ 3600 MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
空白または @ 3600 MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
空白または @ 3600 MX 10 ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
空白または @ 3600 MX 10 ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM.

 

 

MXレコードとは電子メールの配送先であるメールサーバーを決定する際に使用するものです。
Aレコードは、WEBサーバーの決定です。

それぞれの役割
160924-heteml-onamae-googoleapps1000012

これで、お名前.comの設定も完了しました。
途中に、反映で結構時間かかります。みたいなメッセージが表示されますが、実際には
2、3分くらいで完了するはずです。

まとめ

今回は、G suiteと独自ドメインを使った設定方法をしました。
DNSの設定なんてめったにするものでもないし、ハマる人は結構ハマってしまいそうですね。
私も最初に独自ドメインを取得した時には、1日がかりで設定した記憶があります。

今回は、独自ドメインを使ってですが、次回はヘテムルサーバー(WEBサーバー)との設定方法を記載します。

カテゴリー: IT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA